様々なソーシャルメディア of SNS店舗集客コンサルタント/集客したければ宣伝するな

homehomeメールマガジンメールマガジンコンサルティングコンサルティングプロフィールプロフィールお問い合わせお問い合わせ

HOME > 様々なSNS > 様々なソーシャルメディア

様々なソーシャルメディア/様々なソーシャルメディア

ソーシャルメディアの特徴とは(Twitter)

Twitterは「140文字でつぶやく」ということが特徴とされるソーシャルメディアです。

Twitterはフォローフォロワーの関係を作っていくことで、独自のTL(タイムライン)を構築することが目的になります。

Twitterではフォローしている人のつぶやきが見えますからビジネスをする場合はあなたをフォローしてもらう(フォロワーになってもらう)ことが必要です。

ただ、どんどんフォローをしていっても、相手が必ずしもフォローを返してくれる(フォロワーになってくれる)わけではないので、それほど単純ではありません。

あなたがフォローを返してもらうには「有益な情報をつぶやく」必要があります。

さらに、ビジネスでは「属性が高い」フォロワーさんを集めなければなりません。
属性の高いフォロワーさんとは「お店に関連性のある人」もしくは「お店の周りに生活拠点がある人」になります。

高級ワインのお店にはワインを好きな人を集めなければいけません。
また、お店の近くにいなければ来店もしてもらえません。

以上のことを注意して、Twitterのフォロワーを集めていくことが重要です。

詳しいTwitterの内容はこちら
Twitterとは

ソーシャルメディアの特徴とは(Facebook)

Facebookは「いいね!」という言葉に代表されるソーシャルメディアです。

Facebookでは、友達関係になることも重要ですが「いいね!」をどれだけ集められるかが鍵になります。
友達関係になれば、あなたの発言は、友達関係のある人の「ウォール」に表示されます。

しかし、本当に大事なのはあなたの発言に「いいね!」を押してもらったり、「シェア」してもらったりしてもらうことです。
「いいね!」や「シェア」をしてもらえると、「いいね!」や「シェア」してもらった人の友達関係にある人のウォールにも表示されるのです。
できるだけ「いいね!」や「シェア」してもらうことによって、自分と友達関係に無い人まで情報が拡散されます。

しかし、ビジネスで大事なのはむしろ「Facebookページ」です。
Facebookページとは、Facebook上に持てるビジネス用のページ(サイト)のことです。
Facebookページは、個人のウォールとは区別され、一般に公開される物です。
大手企業もホームページとは別にFacebookページも用意しています。

Facebookページの最大の特徴は「ユーザーネーム」です。
ユーザーネームとはいわゆるFacebookドメインのURLのことです。
「http://facebook.com/○○○」というFacebookページを作れるので、検索エンジン上かなり有利になります。
しかも、同じ名前は付けられませんので、早い者勝ちなのです。

Facebookでは「Facebookページ」を使って集客していきます。

さらに詳しい「Facebook」の内容はこちら
Facebookとは

ソーシャルメディアの特徴とは(アメブロ/アメーバブログ)

アメブロはブログです。
しかし、「ペタ」や「読者登録」そして「グルッぽ」などのソーシャルメディア的要素があります。
店舗でランディングページ(ホームページ/サイト)を持っているのであればいいのですが、そうでない場合はアメブロをランディングページにする方法もあります。

その場合、アメブロをカスタマイズして他のブログと差別化することで、十分ランディングページとして使うことが可能です。

アメブロは集客する仕掛けがたくさんありますので「店長ブログ」として毎日更新するだけでもかなりの効果があるでしょう。

ただ、アメブロは無料ブログですので、いつ削除されても文句はいえません。
店舗集客用に使うランディングページは、できれば独自ドメインでしっかりしたランディングページを作ることをお勧めします。

さらに詳しい「アメブロ」の内容はこちら
アメブロとは

ソーシャルメディアの特徴とは(ホームページ・ランディングページ)

最終的にお店の宣伝をするのは「ランディングページ」と呼ばれているホームページです。
Twitterではお店の宣伝や広告はできても、細かい紹介ができません。

たとえばおすすめメニューだったり、お店の場所だったりの紹介ができるようにホームページを作る必要があります。

TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアではいきなり売り込まれることが非常に嫌われます。
フォロワーさんやお友達に嫌われることをさけるために、TwitterやFacebook、アメブロで信頼関係を構築した後、ホームページへ誘導するわけです。

ホームページは検索エンジンからの集客も期待できますし、一生使うものなので、できれば独自ドメインで運営することが望ましいです。

さらに詳しい「ホームページ」の内容はこちら
ホームページとは

お名前
Eメール

 HOME HOME
20120411タイトルバナー_08.jpg20120411タイトルバナー_08.jpg
20120411タイトルバナー_09.jpg20120411タイトルバナー_09.jpg
20120411タイトルバナー_10.jpg20120411タイトルバナー_10.jpg
20120411タイトルバナー_11.jpg20120411タイトルバナー_11.jpg
20120411タイトルバナー_13.jpg
20120411タイトルバナー_14.jpg
20120411タイトルバナー_15.jpg
20120411タイトルバナー_16.jpg
20120411タイトルバナー_17.jpg
20120411タイトルバナー_18.jpg
20120411タイトルバナー_19.jpg
20120411タイトルバナー_20.jpg
20120411タイトルバナー_21.jpg
申し込みフォーム申し込みフォーム
問い合わせフォーム問い合わせフォーム
20120523タイトルバナー_03.jpg20120523タイトルバナー_03.jpg
なぜTwitterなのかなぜTwitterなのか
SNSを使った店舗集客のイメージSNSを使った店舗集客のイメージ
なぜ、店舗集客にはTwitterなのかなぜ、店舗集客にはTwitterなのか
あなたのお店がTwitterで集客できない理由あなたのお店がTwitterで集客できない理由
様々なソーシャルメディア様々なソーシャルメディア
様々なソーシャルメディア様々なソーシャルメディア
TwitterTwitter
FacebookFacebook
アメブロ(アメーバブログ)アメブロ(アメーバブログ)
ホームページ(ランディングページ)ホームページ(ランディングページ)